足のにおい、ブーツ、サンダル、革靴など足の臭い対策に人気がある商品を集めました。

食生活

食生活が体臭をつくる

無臭納豆や無臭ギョウザなど、ニオイのない食べ物の人気が高まっています。

無臭食品なら、ニンニクくささや納豆くささはなくなりますが、それはあくまで一時的なものです。無臭食品を食べ続けても、口臭や体臭の原因をもとから絶つことにはなりません。

どんな体臭になるかは、その人の健康状態や、ふだんの食生活そのものが大きく関係してきます。たとえ臭いのないものを食べたとしても、
それを受け止める体のほうに問題があれば、臭いの発生を止めることはできません。

日ごろ、どんなものを、どんなふうに食べて、どのような体を作っているかによって、体臭の質が決まるのです。

悪い習慣を見直そう

ふだんから肉をよく食べて、動物性脂肪を摂りすぎていると、皮脂腺や汗腺から分泌される油脂成分が多くなって、体臭が強くなります。

ニラやニンニクなど、ニオイの強い食品を摂りすぎたり、コーヒーやお酒、タバコなどを摂取している場合も、体臭を作る原因となってしま
います。

におわない体質になるためには、まず、そうした悪い習慣から脱却し、健康的な食生活を心がけていくことが大切なのです。

食生活をチエックしてみよう

日ごろから健康的な食生活を心がけていれば、体臭のもとになる体の不調を防ぎ、臭いのもとを絶つことにつながります。

では、具体的にどんなことを心がけたらいいのでしょうか。

簡単な食事法

・インスタント食品や、添加物の多く含まれたお弁当などは避けるようにする。
・熱すぎず、冷たすぎず、薄味のものを食べるようにする。

・偏食をせず、栄養バランスを考えて、できるだけ多くの種類を食べる。

・アルカリ性食品を多く食べて、肉類など高タンパク・高脂肪の酸
性食品は榎りすぎない。

・葉菜類を主とした青汁をよく飲むようにする。

・カルシウム、カリウム、ナトリウムなどを多く含む緑黄色野菜を食べる。

・メカブ、やワカメ、モズクなどの海藻類をよく食べる。

・ビタミンを積極的に摂る。

・できるだけ硬いもの、繊維質の多いものをよく噛んで食べる。

・食事は規則的にとり、腹八分目を心がける。

・就寝前の2時間は何も食べないようにする。

・香辛料やニラ、ニンニクなど、ニオイの強い食品はできるだけ避ける。

・胃を荒らすコーヒー、お酒、たばこなどの刺激物を摂らないようにする。
・塩分や糖分は控えめにする。

・天然醸造酢や梅肉のエキスなどをなるべく摂取する。

・油はできるだけ良質の植物油を使う。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX