足のにおい、ブーツ、サンダル、革靴など足の臭い対策に人気がある商品を集めました。

臭いの感じ方

ニオイの感じ方は人それぞれ

ニオイを鼻から吸い込むと、ニオイの感知センサーである嗅神経細胞が刺激され、その情報が脳の大脳皮質へ届き、ニオイの快・不快を判断します。つまり、私たち人間は、鼻でニオイを唄いでいますが、それが心地よいかどうかは脳が判断しているのです。

人によってニオイの感じ方は変わる

一人ひとりの大脳皮質には、生まれ育った環境や経験、知識、健康状態などから得た、ニオイに関する情報がびっしりと蓄積されています。
その情報と照らし合わせて、このニオイは快適だ、このニオイはくさい、などと判断しているのです。
同じニオイでも、人によって感じ方が違うのは、その人が持つ大脳皮質の情報が違うからです。

ニオイを感じる基準

同じ香水の香りでも、Aさんは好き、Bさんは嫌い、ということはよくあります。
同じニオイ成分でも、微香だと快く感じるのに、濃厚だと不快に感じるというように、濃度によって感じ方が変わることもあります。
体の調子が悪いと、好きな食べ物のニオイですら不快に感じたりします。

人は、ニオイの種類、強さ、好み、濃度の4つを基準にして判断しており、その基準の裏づけとなるのが、一人ひとりの大脳皮質に蓄積されたニオイの情報なのです。ニオイの感じ方が人それぞれ違うのは、当然のことなのです。

ニオイは慣れたら気にならなくなる

一方、嗅覚は順応しやすいものです。最初は嫌なニオイと感じても、そのうちに順応してしまい、気にならなくなります。
お母さんが赤ちゃんの便のニオイを何とも思わないのも、家族の加齢臭をくさいと感じなくなるのも、この唄覚の順応性のおかげです。人は、慣れてしまえばたいていのニオイは許せるようになるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX