足のにおい、ブーツ、サンダル、革靴など足の臭い対策に人気がある商品を集めました。

臭いの原因

汗のニオイの原因を知ろう

人間の体の汗腺は2種類ある

汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。エクリン腺は全身に分布し、200万個から500万個ほどあります。暑いときや運動をしたときに体温調節のために出る汗や、辛いものや熱いものを食べたときに出る汗、緊張したり驚いたときに出る冷や汗などは、エクリン腺から出ます。成分は99%以上が水分、残りは塩分、尿素、アンモニアなどで サラッとしていて、汗自体はほとんどにおいません。

ニオイの原因になるアポクリン腺

アポクリン腺は、ワキの下、へその周り、性器、虹門の周囲など、体の一部にだけ分布しています。エクリン腺は非常に微小ですが、アポクリン腺は目に見えるほど大きく、毛穴と出口を共有していて、思春期には直径2~3ミリメートルほどの大きさになります。
やや粘り気のある汗が出て、塩分をほとんど含まないので、人の皮膚に
存在する常在菌が繁殖しやすく、その発酵臭が体臭の原因になったりします。

良い汗と悪い汗の違い

汗はくさいものであり、ニオイの発生源と思われがちですが、エクリン腺から出る汗は、水のようにサラサラしていて、におわないものです。
この汗が「良い汗」です。
蒸発しやすく、人の体温調節を助ける大切な汗です。

しかし、運動不足だったり、ストレスがたまっていると、エクリン腺がうまく機能しなくなり、サラッとした汗ではなく、ベトベ卜して蒸発しにくい汗をかく場合があります。これが「悪い汗」です。蒸発しにくいうえに、皮簡の表面がアルカリ化することで常在菌が繁殖しやすくなり、それが原因で汗のニオイが強くなってしまいます。

汗のニオイを強める皮脂

人の全身の皮層には、皮層を柔らかくしてうるおいを保つ働きをする、皮脂腺が分布しています。動物性たんぱく質を多く摂ると、皮脂腺が活発になり、分泌された皮脂が、汗とともに皮層表面の細菌に分解・酸化されて、ニオイが発生します。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX