足のにおい、ブーツ、サンダル、革靴など足の臭い対策に人気がある商品を集めました。

にがりの効果

にがりで防臭生活

にがり水とにがり風呂で消臭

海水からとれる食品添加物のにがり。豆腐作りに使われるものですが、このにがりには、さまざまな体臭予防効果があるので、日々の生活に取り入れるといいでしょう。
にがりは、スーパーマーケットやドラッグストアで購入することができます。

①消化管での「脂肪吸収抑制作用」
にがりには、すい臓から分泌されるリパーゼという酵素を抑制する作用があります。リパーゼは脂肪の消化吸収を行なう酵素なので にがりのはたらきによって脂肪の吸収量が抑えられます。
その結果、汗腺から分泌されるニオイ成分の脂肪酸が減少し、体臭防止につながります。

②マグネシウムなどのミネラルの「代謝促進作用」
食事制限によってダイエットをしたときなどに、脂肪を燃やす代謝の力が弱まって、不完全燃焼を起こすことがあります。すると体に乳酸が発生し、汗と一緒にニオイの原因となるアンモニアが放出されてしまいます。

にがりに含まれるミネラルは、代謝の作用を促進するため、脂肪の完全燃焼を助け、ダイエット効果と体臭予防を同時にかなえてくれます。

③皮虐の「バリア効果」
健康な皮層の角質は、外部からの水分を通さないだけでなく、内部の水分を保つことでみずみずしい肌を作っています。このバリア機能を担っているのが、セラミドと呼ばれる細胞間脂質。
にがりに含まれるミネラルには、このセラミドの合成を高めてくれる効果があります。

バリア機能は、外からの侵入だけでなく、体内からの漏出を防ぐ意味もあります。つまり、にがりがバリア効果を高めることで、体内のニオイ分子が外に漏れるのを防ぎ、体臭を予防することになるわけです。

方法飲む・お風呂に入れる

にがりの利点は、簡単に使えることです。摂取する方法は、コップ-杯の水に、にがりの原液を2~3滴たらして「にがり水」を作り、これを飲みます。にがりは、健康をサポートしながら体臭予防をしてくれる、優れた食品といえます。

また、バリア機能を吉固めるには、直接飲むよりも、にがりを混ぜた「にがり風呂」に入浴するほうが効果的です。お湯180リットルに対して、にがりの量は100~200ミリリットルをめやすに入れて下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX