足のにおい、ブーツ、サンダル、革靴など足の臭い対策に人気がある商品を集めました。

FrontPage

足の臭いでお悩みの方へ

画像の説明

足の臭いでお困りの方って、思っている以上に多いみたいです。
私自身もそうでしたが、ぶっちゃけて話が出来る友達に聞いても冬場はブーツの臭い、夏場はサンダルの臭いがとっても気になるって意見がすごく多いって言うか、みんな思っている悩みでした^^;

仕事帰りに飲み会に誘われて、それがお座敷だったらもぅ大変!ブーツを脱いだ時に、臭ってないか気がきじゃありません(*_*;

画像の説明

私にとっては、コンパの時に座敷ん居酒屋をセッティングする男子はそれだけで減点対象です。

でも、やっぱりいつまでも気にしながら生きていくのは嫌だ!という方のために、私がいままで試した消臭剤をランキング形式でご紹介したいと思います。

もちろん、個人の感想なので一概に決めつけは出来ませんが、少しでも消臭剤選びの助けになればと思っています(^^)

 

実に男性の約89%が「足が臭い女性は嫌だ」と回答

画像の説明

某男性誌が街頭の10代~50代の男性1000人にありえない女というテーマでアンケートを取った所、理由の1位が「不潔な女性」、2位が「金遣いが荒い女性」、3位が「体臭が臭い女性」となっています。

体臭となると他にもあるかもしれませんが、香水臭いというのも臭いという部類に入っているようでした。興味深いのは、「彼女の足が臭すぎて萎える」という回答。。。

 

画像の説明

本来、足の裏にはエクリン腺という汗腺が多く集まっていますので、1日で大体コップ1~1.5杯くらいの汗をかくものです。しかし女性はストッキングやタイツ、ブーツなどオシャレに気を使うあまり、吸水性に優れていない素材を着用する人が多いと思います。

その為、どうしても汗に含まれる脂分やたんぱく質が細菌に分解されて臭いを発してしまいます。
 

 
 

長時間経っても足の臭いがなくならない理由

ブーツやサンダル、革靴などの臭いは時間が経過してもなくなる事はありません。乾燥させることで少しだけ臭いがマシになる程度です。

これはどうも細菌が関係しているようです。足の裏に掻いた汗には微量ですが体から出る代謝物も含まれています。この代謝物は細菌たちにとっては「ご馳走」なのです。しかも、汗を掻くことで水分が充満し湿気も細菌たちが活動するのには最適な状態なわけです。

この細菌たちが体から出る代謝物を分解していくとあの嫌な足の臭いになるそうです。つまり、少しくらい乾燥したところでまた湿気がこもれば細菌くんたちは活動を再開して臭いの原因をどんどん量産してしまう訳です。

要は、こまめに中敷きを交換して清潔に保つ または 臭いそのものを消臭する しかないようです。

体臭用の石鹸なども良く売れているようですが、私も試した結果感じたことは効果は続かず、足を洗ったその時だけしか臭いがなくならないのも当然だったのかもしれません^^;
 
 

★足の臭い対策 人気ランキング第1位

消臭対策ショップ

消臭対策SHOP グラフトナンバー11(靴・ブーツ・体臭用)

こちらの消臭剤は、なんでも国際特許技術の消臭剤らしく効果はほんとに瞬間消臭でした。
今も愛用しているし、ほんの2、3回プッシュするだけで十分な効果を発揮してくれます。
しばらく使っていると、毎回スプレーしなくても消臭効果が蓄積されるみたいで、今では玄関に靴やブーツを脱ぎっぱなしでも、嫌な匂いは全くしません(^O^)

除菌効果もあるようで、それが臭いの元になる雑菌の繁殖を防いでくれるようです。

スプレーした後は、ちょっとアルコールの臭いがしますがそれもすぐに揮発してなくります。

おすすめの一品です♪

 

★★足の臭い対策 人気ランキング第2位

画像の説明

子供の足の臭いから、わきがの臭い、尿臭まで見事に消臭する!【消臭製品】

こちらは、ブーツの蒸れ臭の正体「イソ吉草酸」を99.9%、また酢酸も99.0%除去をしたスグレモノのようです。
使用した感想は、こちらも問題なく効果があります!
ただ思っていたよりは多めにスプレーしないといけないかなぁという印象です。
でも、効果は問題ないしジェット噴射もいい感じでした。

こちらもやっぱりおすすめです♪
 

★★★足の臭い対策 人気ランキング第3位

画像の説明

レリーソール

こちらは、スプレータイプではなくて靴の中敷です。
黒体という物質が臭いを吸収してくれるようです。このページでは製品化に至るまでの工程や思い掲載しているので、読んでても結構面白いと言うか、販売者さんの人となりがわかるなぁって感じです。

この商品は、靴の中敷きなので私自身は使ってないのですが
父の日にプレゼントしました。
プレゼントした時には、「そんなに臭うか?」とちょっと寂しそうでしたけど、使ってみると効果はあったようです。
母も靴下がくさくなくなったと喜んでいました(^^)
 

足の臭い対策 人気ランキング第4位

画像の説明

快足王

こちらは、「風化造礁サンゴ」のパウダーを使った消臭剤です。
スプレータイプではなく、靴の中敷の下に入れるタイプ。
ちょっと値段が高いのが気になりますが30日間使用した後に、効き目がなければ全額返金保証がついています。
返金保証が付いているので、試してみる価値はあると思います。
 

足の臭い対策 人気ランキング第5位

画像の説明

クリームクイックダッシュ

こちらは、足の臭いというか体臭全般(主にワキガ)に効果がある消臭剤です。
実際、私も脇に使用したりしましたが結構効き目はあると思いました。
ただ、ちょっとお高いんですよねぇ^^;
脇の臭いは夏場とか以外は気にならないし、足の臭いだけなら1位のグラフトナンバーで十分ですしね。

 





 
ここからは、足の臭い対策の裏ワザを紹介します。

足の臭い対策その1

靴の中に10円玉を5,6枚入れてみる。
10円玉に含まれる銅には、臭いの原因の1つであるバクテリアの
増殖を抑えて、分解する働きがあるので効果はあります。

決して10円玉を入れたまま靴を履かないようにしてくださいね。

足の臭い対策その2

お酢に足をつけてみましょう。
実は皮膚の雑菌は酸性のものに非常に弱いのです。
酢に含まれているクエン酸が雑菌の繁殖を抑えます。
酢を薄めたもので消毒すると雑菌は死んでしまうのです。

方法は簡単です。洗面器にお湯を入れ、お湯とお酢の割合を
お湯5:お酢1くらいの割合で洗面器に入れて
足を10分くらいつけておきましょう。

お酢の臭いのほうが気になる場合は、お酢の割合を少なくして
試してください。

毎日とはいいませんが、足の臭いが気になる間は
こまめに試してみると効果が表れると思います。

決して、お酢の臭いでごまかしているのでね(*^_^*)

足の臭い対策その3

ほんと基本なんですけど、足を清潔に保つことです。
とはいっても、外出中は靴やブーツを脱いで足を洗ったりできないので、
お風呂でのケアが大事になります。
まず、必ず入浴はしてください。
そして、足は指の間まで入念に洗う!意識してるだけでも
結構違うものですよ。
あと、足の爪をこまめに掃除もしくは爪を切って下さい。

基本ですけど、足の裏とかって意外とサッとしか洗ってないものなんですよね~(-.-)

 

足の臭い対策その4

重層を使用した臭い対策です。
重曹は、よくお掃除などで汚れおとし利用される、汚れ落としや消臭性を持つとされるものです。正式には、炭酸水素ナトリウムと言いますが、私たちには、重曹ということで親しまれています。

重層での足の臭い対策では、お酢と一緒で足浴のパターンと
重層粉末を少し濡らした足に塗るパターンがあります。

どちらも効果はありますので、自分にあった方法でいいと思います。

足の臭い対策その5

マコモを組み合わせて使う
マコモにも、足のニオイを抑える効果があります。
マコモは日本各地に生えているイネ科の植物で、粉末に加工したものが市販されています。穂に寄生する黒穂菌は、雑菌の繁殖を抑えて、垢などの老廃物を食べてくれます。

黒穂菌は、熱湯の中でも死ぬことがないので、木酢液と組み合わせて足湯に使うと、消臭効果が増します。

足の臭い対策その5

クエン酸ローションをぬる

気になる足の臭いには、クエン酸で作ったローションをぬる方法もあります。クエン酸は梅干しやレモン、酢などに含まれる成分で 体臭対策に効果があります。

水50ミリリットルに、クエン酸を耳かき1杯ほど溶かして混ぜます。普通の化粧水をつけるように、手やコットンにとり、軽くパッティングしながらつけましょう。

クエン酸ローションを使うと、クエン酸が皮層の角質に浸透し、皮層の表面での細菌の繁殖を防いでくれます。

足の臭い防止の鉄則

清潔に保つことが基本

ニオイの悪循環に陥りやすい足は、季節を問わずケアをする必要があります。まめに爪を切り、足を清潔に保つことが基本ですが、日常生活で次の「鉄則」を守ると、臭い防止に効果があります。

鉄則1【制汗に努める】

まずは汗を抑えることです。スプレーやクリームなどの制汗剤を、足の裏や指のあいだにぬるといいでしょう。ぬったあとは、靴をはくまでにきちんと乾かしておきましょう。

鉄則2【ムレを防ぐ】

足のニオイの最大の原因は、ムレることです。自宅にいるときはなるべく素足で過ごすように心がけましょう。外出したときも、1日に何度かは靴を脱いでムレを防ぐようにします。帰宅したら、足をこまめに洗ったり、ふいたりする習慣をつけておくといいでしょう。

鉄則3靴の消臭・防臭

湿気は足の臭いの大敵です。湿気を含んだままの靴をはき続けるのは、臭いをため込むことになるので、しっかりと乾燥させることを心がけてください。1日中はいた靴は、風通しのいいところで陰干しをし、同じ靴を続けてはかないようにしましょう。
1日はいたら、できれば2日は休ませたいものです。

靴のケア

乾燥剤で除湿

使用済みの使い捨てカイロや、お菓子の袋などに入っている乾燥剤も役立ちます。どちらも除湿効果があるので、捨てる前に靴の乾燥剤として
使うといいでしょう。

足の汗が靴にしみこみにくくなるよう、靴の内側に防水スプレーをかけておくのもひとつの方法です。

靴箱もさわやかに

靴箱にもひと工夫できます。新聞紙を靴箱の棚に敷いておくと、靴が吸った汗を取り除く効果があります。

コーヒーをドリップしたあとの豆カスを、紙フィルターごと乾燥させてから靴箱に入れるのも、消臭に役立ちます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX